ハゲについて

ハゲとは

ハゲと言えるラインハゲという言葉を聞いたことがないという人はいないと思いますし、他人の頭髪を見てハゲているかハゲていないかを判断することも簡単だと思います。しかしながら、いざ自分のこととして考え始めた場合には、自分の頭をハゲであると認めることは難しいことではないでしょうか。なんとなくわかっていても、その事実を受け入れたくないという部分もありますが、自分のこととなるとそれがまだ薄毛のレベルであるの... >>詳細

ハゲにはタイプがある

ハゲのタイプとは他人の頭を見ているときは、どんな状態の頭であっても一口に「ハゲ」という言葉だけで処理してしまうことが多いかもしれませんが、よくよく見比べてみれば分かるように、ハゲにもいろいろなタイプがあるのです。ハゲはハゲと思うかもしれませんが、じつを言えばかなりの種類があります。他人をよく観察してもらえばわかりやすいと思いますが、頭のどの部分から髪の毛が消えているのか、つまりはハゲがどの部分に... >>詳細

頭頂部のハゲ

頭頂部ハゲは老け顔になるハゲと言っても、いくつものタイプがありますので、自分自身がどのタイプのハゲであるのかを知ることが重要です。タイプごとに対処方法が変わってくる場合があるので、そのようなことは重要なのです。そして、どのようなタイプがあるかと言えば、そのひとつが「頭頂部のハゲ」というものです。頭頂部というのは文字通りに頭のテッペン部分のことです。頭の上にハゲができ、そこから周囲へと広がっていく... >>詳細

おでこのハゲ

おでこハゲは一番目立つハゲのタイプはいくつもありますが、その中のひとつが「おでこのハゲ」です。おそらくですが、数あるハゲの種類の中でももっともハゲであることを認めるのに時間がかかるハゲであると言えます。なぜなら、頭の頭頂部がハゲてくれば明らかにわかるのですが、おでこは元々髪の毛がない地肌が露出されている部分です。そのため、少しずつおでこが広がってきてもなかなか気づきにくく、以前の状態と比べること... >>詳細

小さなハゲ

バレたくないと思ってストレスにいくつもあるハゲの種類のひとつが「小さなハゲ」と言われるパターンのものです。これはどこにハゲができているということではないのですが、頭のどこか一部分に小さなサイズのハゲができているタイプです。十円ハゲと言われるものがありますが、あれは一過性のものですが、時を経ても消えないハゲがあるのであればそれは十円ハゲではなく、本格的なハゲと言わざるを得ないと思いますので、この小... >>詳細

全体のハゲ

全体ハゲは諦めるべきではないハゲにはいろいろなタイプがありますが、どこか一部分のハゲということではなく、「全体がハゲている」という人もいると思います。このような状況は明らかにハゲであるということですから、とにかくどうにかするしかないのですが、ここまで全体的にハゲてしまった場合、人はあきらめてしまうことは多いです。たしかに全体的にハゲてしまったとあっては、今更じたばたしても仕方がない、この状況を受... >>詳細