頭頂部のハゲ

頭頂部ハゲは老け顔になる

ハゲと言っても、いくつものタイプがありますので、自分自身がどのタイプのハゲであるのかを知ることが重要です。タイプごとに対処方法が変わってくる場合があるので、そのようなことは重要なのです。そして、どのようなタイプがあるかと言えば、そのひとつが「頭頂部のハゲ」というものです。頭頂部というのは文字通りに頭のテッペン部分のことです。頭の上にハゲができ、そこから周囲へと広がっていくことが多いのですが、この状況に近い状態にあるということであれば、それは頭頂部のハゲというタイプに分類されるものであるということを覚えておいてください。そして、この頭頂部のハゲは髪の毛のボリュームをとにかく減らすことになるので、見た目として老けた顔に見られてしまうことがあります。実際の年齢は若くても、それより年をとっているように思われてしまう場合があるのです。どのくらいの誤差があるかと言えば、たとえば二十代半ばの人が四十代に思われてしまったり、三十代前半の人が五十代手前ぐらいに思われてしまうこともあるのです。そのようなことになると損をしてしまうのはほかならぬ自分自身ですから、このようなタイプのハゲになってしまっている人は、できるだけ早いタイミングで対処していったほうがいいと思います。

社会人であればお辞儀の際にバレる

頭頂部のハゲはその場所から、なかなか人目に触れることはありません。人間同士が向き合っていても、お互いが同じくらいの身長である場合には、よほど高い場所から頭を見られない限りはハゲであることを見られるケースは少ないです。しかしながら、ハゲてからはじめてわかる場合が多いのですが、頭のテッペンというのは、意外と日常生活の中で他人に見られてしまう場所なのです。どういうことかと言えば、特に社会人には関係が深いのですが、社会人となると何気ないタイミングであっても他人に対してお辞儀をすることが多々あります。会釈程度の挨拶であれば見られることは少ないのですが、きちんとしたお疑似となると頭のテッペン部分を相手に見せることになりますので、意外と見られてしまうものなのです。そのため、隠し通せるものではないということを覚えておく必要があります。また、職業や立場によっては帽子をかぶることが許される人もいるかもしれませんが、それは改善ではなく改悪になってしまう可能性があります。頭を蒸れさせれば、かえってハゲを進行させてしまう可能性があります。ハゲを隠すことはできますが、余計に状況を悪化させてしまうかもしれないのです。そのため、そのような隠すという考え方ではなく、元の状態に戻すという考え方を持つようにしましょう。

頭頂部のハゲというのは、正面から向き合っているとなかなかわからないのですが、上から見られると一目瞭然です。そのため、お辞儀をすればすぐに気付かれてしまいますし、なによりも外見が老けて見られてしまうのもデメリットです。